一級建築士代表取締役 永井剛の「今、僕が想う事」 - ありがとう工房

  1. HOME
  2. 一級建築士代表取締役 永井剛の「今、僕が想う事」
最新のブログ記事 (前月|次月)
表示月の変更

2019.06.16

皆様こんにちは。永井建設の永井です。

この5月は多くの地域で記録的な猛暑日が観測されるなど、新潟もほんとに暑かったですね。

体調を崩された方も多いのではないでしょうか?ご自愛くださいね。

1日の中でも寒暖差が激しいと、「体がついていかない」なんて言葉を耳にしますが、まさにその通りで、温度差で体にかかる負担はかなりのものなんですね。今日はこの温度差についてお話したいと思います。

 

皆様は、家の中で年間およそ1万7千人もの方が亡くなっていることをご存知でしょうか? 65歳以上の高齢者が、入浴中に意識障害を起こして溺れたり、脳梗塞や心筋梗塞を発症たりして急死する、いわゆる「入浴関連死」の年間推計の数です。これは、温度差が血管を収縮・弛緩させることで起こる血圧の急激な変化によるもので、一般に「ヒートショック」と呼ばれる現象です。屋内の気温差が原因となるため、冬場に事故が多くなります。

 

この1万7千人という死亡者数は、交通事故で亡くなる方の数が約4千5百人ということですので、およそ3.7倍の数です。
本来ご家族とその財産を守るべき「家」の中で、こういう悲しい事故が起きてしまっていることに、私は衝撃を受けました。

 

そこで、ありがとう工房の家づくりのテーマを『命を守る家づくり』とすることを決意しました。実は以前から構想はありまして、家の中での温度差をできるだけ少なくすることが必要となってくるわけですが、住宅性能を上げるべく試行錯誤を重ねて今にいたります。今後さらなる努力をしていこうと考えています。
『命を守る家づくり』のもう一つのポイントは、地震などの災害に強い家です。現在、耐震性を測る物差しは「耐震等級」という基準がありますが、それよりも精度の高いであろう「耐震シミュレーション」を設計に取り入れる準備を目下進めております。

 

永井建設の新たなチャレンジにご期待ください!

2019.04.18

皆様こんにちは。永井建設の永井です。

ここのところ寒の戻りで寒暖の差が激しいですね。皆様お変わりなくお過ごしでしょうか?ようやく桜も盛りを迎えています。

さて、4月1日に新元号「令和」が発表されましたね。歴史的瞬間を目の当りにして、祝賀ムードが大いに盛り上がっています。今、商店などで「ありがとう平成セール」などやっていたりしますが、おそらく元号が令和に変わっても同様のセールが開催されるでしょう。いずれにせよ、いち消費者としてはうれしい限りです。

また、5年後の2024年から紙幣デザインが変更されることが発表され、話題となっています。各紙幣の肖像画の人物は、渋沢栄一、津田梅子、北里柴三郎。元号の発表の時もそうでしたが、慣れ親しんだものが変わるというのは何というか、違和感を感じてしまいますね。

そんなわけで、紙幣の話題をひとつ。日本の紙幣の偽造防止技術は優れていて、「すかし」や「ホログラム」など原稿の紙幣にもさまざまな技術が取り入れられています。(詳しくは独立行政法人 国立印刷局のHPをご覧ください)
その中のひとつに「マイクロ文字」というのがありまして、読んで字のごとく、小さい文字なわけです。
千円札の裏面、右上部分をご覧ください。3つ並んだ桜の花がありますよね?

拡大してみると、びっくり!花の雄しべの部分に「ニ」「ホ」「ン」の文字がそれぞれ隠されてました。
五千円札と一万円札にもそれぞれあるみたいです。
なんでこんな話をするかと言いますと、私も最近知って驚いたからなんですが(笑)

新しい紙幣にどんな技術が取り入れられるか。そんな少し違う角度からも楽しみにしています。永井でした。

2019.03.18

皆様こんにちは。永井建設の永井です。

世間ではインフルエンザが猛威を振るっています、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか?

さて、2月と言えば、確定申告のシーズン(申告時期は原則、毎年2/16~3/15の1ヶ月間)です。ひょっとして、年末調整で受けた還付をプチボーナスと喜び、確定申告は自分には関係ないと、ひと安心してしまっていませんか?

今回は、更に医療費控除についてお話しします。一般的に、昨年1年間の医療費が10万円を超えた方が対象となる「医療費控除」があることをご存じですか?

年末調整では計算されないため、各自で確定申告を行う必要があるわけですが、詳しくは知らない方も多いのではないでしょうか?

実際、医療費控除に含まれる「医療費」に対する勘違いや認識不足、またそこに掛かる手間なども含め、還付申告を見過ごしてしまっているケースが多いようですね。※医療費控除に含まれる「医療費」とは、一般に「治療にかかった費用全般」のことを指します。

医療機関に直接支払った費用に限らず、「治療目的」で購入した市販の薬代なども含まれますし、「治療目的」で通院した際の交通費(電車・バス代)なども含むことができます。
また、保険適用・適用外は関係ありませんので、レーシックやインプラント等も「治療目的」であれば医療費控除の対象となります。一方、「予防・健康増進・美容等にかかる費用」は医療費に含まれません。

健康診断や予防接種、ビタミン剤の購入、美容目的でのインプラント等は、原則として対象外となります。

ご自身が控除対象となっているかどうか、一度確認されることをおすすめします。永井でした。


ありがとう工房へ各種お問い合わせ・ご相談はこちらから