一級建築士代表取締役 永井剛の「今、僕が想う事」 - ありがとう工房

  1. HOME
  2. 一級建築士代表取締役 永井剛の「今、僕が想う事」
最新のブログ記事 (前月|次月)
表示月の変更

2017.06.02

皆様こんにちは。
間もなく300年もの伝統を誇る『白根大凧合戦』が開催されます。6月1日(木)から5日(月)まで毎日13時から開戦となります。私たちも参加しておりますので、ぜひ遊びに来てください。

さて、今回のコラムは「凧」にまつわるお話。
皆さんは、旧白根市の人が凧のことを「イカ」と呼んでいることをご存じでしたでしょうか?
もっと言うと、三条市の人たちも「イカ」と呼びますし、三条で開催される三条凧合戦にいたっては、【さんじょういかがっせん】と読みます。

先日、弊社の凧を作っている時に社員にそんな話をしたら、びっくりしていました。「なんでですかね?」と問われて初めて私も由来を知らないことに気づきました。昔からそういうものだと思っていたので、何の疑問も持ったことがなかったんですね。
気になって調べてみると、凧が中国から日本に伝わったのは平安時代にさかのぼります。当初は和名はなく、中国名で呼ばれていました。室町時代頃から「イカ」「いかのぼり」と呼ばれるようになり、江戸時代になってから関東を中心に「タコ」と呼ばれるようになったそうです。

面白いのが、1655年に幕府から「町中にてのイカノボリを揚げることを禁ず」との禁止令が出て、翌年には「町中にてのタコ揚げを禁ず」と再度禁止令が出ているという事実。イカ揚げを禁止された江戸の町民が「これはタコだからいいだろう」と、ヘリクツみたいな理由で「タコ」と呼ぶようになったとする説もあながち嘘ではなさそうですね。
ちなみに「凧」という漢字もこの頃つくられたそうですよ。

2017.05.08

先日とあるお客様の家をお引渡ししました。そのお客様との出会いはさつき野のモデルハウスでした。うちの嫁さんと奥様が意気投合、とんとん拍子に話は進み弊社で家づくりを進める事となりました。ご契約ちょっと前に今まで聞いていなかったご主人の仕事を聞いたところ、建築にもの凄く所縁のあるお仕事でした。

そこで、ただいま勉強中の「百年の家」(詳しくは検索)という、超高性能住宅のご提案をした所、ご主人より凄く共感頂き、「百年の家仕様」で建てる事となしました。

ちなみに百年の家とは、

・ヒートショックが起こりにくい家

・冬季で家中どこでも室内温度23℃

・超高性能な家

・隙間相当面積(C値)0.36以下

・暖房期(11月~4月)の暖房にかかる光熱費が約4.5万円

・家中オールバリアフリーで玄関に段差がない

・人体に害のあるシロアリ薬剤を使わない

・冬に家の中ではTシャツと短パンで過ごせる

・夏布団で冬場も眠れる(冬布団がいらない)

・等々

ここでは書ききれないほどいろいろな要素が含まれている家です。

しかし、何といっても良い事は、少ない光熱費で家中23℃にできる事ではないでしょうか。他県に研修に行った際には1月の光熱費(オール電化なので電気代)が1.9万円程だったとのお客様の声をお聞きしました。

新潟では第1棟目の「百年の家」の完成。お引渡しの前に暖房をかけたら暑くて汗をかくほどでした。

感動の「百年の家」。ご興味ある方はお問い合わせください。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2017.04.04

皆様こんにちは。
新年度がスタートしました。大なり小なり新しくなった環境で頑張っていらっしゃることでしょう。
わが社でも新たに社員2名が加わりました。
(ご紹介はまた別の機会にさせていただこうと思います…)

私はというと、久しぶりにお休みをいただいて、子供たちが春休みの間にと、那須高原へ家族旅行に行ってきました。好天にも恵まれ、心身のリフレッシュと、わが家の「ありがとう」をまた少し増やすことができました。

で、そんな旅先でのこと。宿泊したホテルの朝食バイキングで私がウインナーをお皿に取り、ふたを閉めようとしたその時。
「あ、いっスよ。そのままで。」
声の主に目を上げると、そこには…ひぐち君。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ひぐちカッター!」の髭男爵のひぐち君。
私同様、ご家族で行楽中のようでした。いわゆる「一発屋」に類する方だとは思いますが、芸は身を助くという言葉もあるように、秀でた一芸があるということは素晴らしいことだな…などと、勝手に思いをめぐらせてしまいました。

わが社の一芸は「いい家を提供すること」!
そうありたいと願うのです。


ありがとう工房へ各種お問い合わせ・ご相談はこちらから